DTM用語

デスクトップミュージック 用語辞典

Category Archives: DTM用語あ

アンビエンス(ambience)

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アンビエンス(ambience)は、聴取者の周囲を音が取り巻いた感じをいう。臨場感と同じような意味であり、マルチチャンネルオーディオの効果を表す言葉としても用いられる。 音響の分野では音場感、臨場感など音の広がりを意味す … Read more »

アンドウ(undo)

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アンドウ(undo)=取り消すこと。実行したコマンドを取り消し、実行前の状態に戻すことを指す。さらにアンドウの取り消し(再度コマンド実行後の状態にすること)はリドウという。アンドゥ。 Related: アイエスアールシー … Read more »

アルペジオ(arpeggio(伊))

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アルペジオ(arpeggio(伊))は、分散和音およびその奏法。コードの構成音が分散して配置される型を分散和音という。 バックグラウンドでのコードの演奏形態やメロディーライン作りなどに応用されている。 Related: … Read more »

アルペジエーター(arpeggiator)

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アアルペジエーター(arpeggiator)は、入力した和音を分散和音(アルペジオ)にする機能であり、自動的にアルベジオ(分散和音)を演奏する機能(オート・アルペジオ)である。 鍵盤を押さえれば、一定の演奏パターンに従っ … Read more »

アプリケーション(application)

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アプリケーション(application)は、シンセサイザー用語としては、一般にFM音源方式の基本単位であるオペレータの組み合わせを指す場合が多い。 アナログ・シンセサイザーでいえばウェーブ・フォーム・セレクトにあたり、 … Read more »

アフター・ビート(after beat)

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アフター・ビート(after beat)は、小節内の偶数拍または弱拍を意味する。 これらの拍を強調するリズム感覚にまで発展して使われることが多い。 Related: アフター・タッチ(after touch) アフター・ … Read more »

アフター・タッチ(after touch)

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アフター・タッチ(after touch)は、鍵盤を押した状態で、さらに鍵盤を押し込むことによって音量増加やモジュレーションの効果を付加する機能を指す。ビブラートや音色の明るさなどを調整する機能。 豊かな演奏表現のために … Read more »

アナログ(analog)

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アナログ(analog)は、温度や電圧、音の大きさなど、連続して変化する「量」の概念をいう。 デジタルにおける精度劣化の要因となる量子化誤差が存在しない。アナログの精度限界は熱雑音等の物理的な要因で決まる。 。 Rela … Read more »

アドレス・バス(address bus)

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アドレス・バス(address bus)は、CPU や DMA を行うユニットが、アクセスしたいコンピュータメモリの要素/位置の物理アドレスを伝えるために使用するバスである。メモリーICにアドレス情報を送るためのバス・ラ … Read more »

アドレス(address)

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アドレス(address)は、MIDIシステム・エクスルーシブによってシンセサイザーなどの音色パラメーターを操作するケースで、パラメーターを特定するためにつけられた番号をアドレスと呼ぶ。 一般的にはコンピューターでメモリ … Read more »

アップ・ビート(up beat)

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アップ・ビート(up beat)=ウラ。拍の裏側。指揮をとる時に拍の裏で手を振り上げることに由来する。 Related: アフター・ビート(after beat) アフター・ビート(after beat)は、小節内の偶数 … Read more »

アップコンバート(up convert)

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アップコンバート(up convert)は、音源を高いサンプリングレートや高いビットレートで書き出し、マスタリングの音質を高くすること。 Related: アイアールリバーブ (IR REVERB) アイアールリバーブ … Read more »

アダプター(adapter)

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アダプター(adapter)=付加装置。機材の機能を補助・拡大するために使う装置。広義にはエフェクターなどもアダプタに分類されるが、一般的には単純な機能の小型装置を指すことが多い。 Related: アイアールリバーブ … Read more »

アタック(attack)

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アタック(attack)=音の立ち上がり。音の中でも鍵盤を押して音が出始めてから、音量が最大になるまでの部分。 ほとんどの楽器は音が発生する瞬間が最大音量となり、音は時間とともに減衰していく。 「シンセサイザー」や「サン … Read more »

アジオ(ASIO)Audio Stream In/Out

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アジオ(ASIO)Audio Stream In/Outは、主にWindowsで使用される、音の入出力装置。ASIOは、ドイツのスタインバーグ(Steinberg)によりオーディオを入出力するためのアプリケーション用AP … Read more »

アサイン(asslgn)

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アサイン(asslgn)=割り当てること。 シンセサイザーの場合、鍵盤演奏情報などさまざまなコントロール要素に対し、それをどのように扱うかを決めること。 その機能を持つ部分をアサイン・モードという。 キー・アサイン・モー … Read more »

アクセス(access)

Author: | 4月 15th, 2013 | Category : DTM用語あ

アクセス(access)=接近すること、およびその手段を指す言葉で、使われる状態や他の言葉との関連により、様々な意味となる。周辺機器からデータを得る、記憶装置からデータを検索する、配憶装置からの命令で動作する、などといっ … Read more »