DTM用語

デスクトップミュージック 用語辞典

チャンク(chunk)

Posted by 有世犬

「チャンク(chunk)」について、DTM用語の意味などを解説


チャンク(chunk)は、シーケンサーなどで演奏データを扱う際にいくつかのデータの集まり(塊)をチャンクと呼ぶ。また、スタンダードMIDIファイルは、ファイル情報を収めるヘッダー・チャンクと、実際の演奏データを収めるトラック・チャンクから構成される。

Category : DTM用語ち

「チャンク(chunk)とは」DTM用語としての「チャンク(chunk)」の意味などを解説

ホームページ制作