DTM用語

デスクトップミュージック 用語辞典

スタンダートMIDIファイル(standard MIDl file)

Posted by 有世犬


スタンダートMIDIファイル(standard MIDl file)は、異なるシーケンサーシーケンス・ソフトウェア間で演奏データのやり取りを実現するための、共通のシーケンス・データ・フォーマット。スタンダードMIDIファイルが入出力できるシーケンサー、シーケンス・ソフトウェアであれば、自由に演奏デ一タをやり取りすることができ、同一の演奏を再現することができる。スタンダードMIDIファイルには、フォーマット0/1/2の3つのフォーマットがあり、それぞれ用途によって使い分けられる。

  1. フォーマット0:マルチMIDIチャンネルが記録されるひとつのトラックから構成されている。スタンダードMIDIファイルのもっとも基本的な形式であり、対応するシーケンサー、シーケンス・ソフトウェアももっとも多い。
  2. フォーマット1:マルチトラックで構成されている。シーケンサー、シーケンス・ソフトウェアの多くはマルチ・トラック構成であるため、そのトラック構成を保持したまま記録でき、複数のシーケンサーで編集を行なう際には有効なフォーマットである。
  3. フォーマット2:マルチトラック構成でさらに複数の曲を記録できる。これは時間進行の異なる複数の曲をひとつのファイルにまとめられるため、曲の連続再生のみを行なう場合には適しているが、対応しているシーケンサー、シーケンス・ソフトウェアはそれほど多くない。
Category : DTM用語す
ホームページ制作