DTM用語

デスクトップミュージック 用語辞典

アンビエンス(ambience)

Posted by 有世犬

「アンビエンス(ambience)」について、DTM用語の意味などを解説


アンビエンス(ambience)は、聴取者の周囲を音が取り巻いた感じをいう。臨場感と同じような意味であり、マルチチャンネルオーディオの効果を表す言葉としても用いられる。
音響の分野では音場感、臨場感など音の広がりを意味する。本来は「周囲、囲まれた」という意。また、ホールやスタジオ、部屋など音場の響きそのものを指す。
音楽ソースをステレオで再生する際、希薄になる臨場感を補正するのが各種のアンビエンス・エフェクトである。
2チャンネルのステレオ信号に時間差(ディレイ)や位相差(フェイズ・シフト)を加え、定位を2本のスピーカーより外側にまで広げる効果を得る。

Category : DTM用語あ

「アンビエンス(ambience)とは」DTM用語としての「アンビエンス(ambience)」の意味などを解説

ホームページ制作